四肢のマニピュレーション

マイクロ牽引法,マイクロモビリゼーション,HVLA矯正法

中川貴雄氏の待望の新刊! 四肢治療の決定版! 総ページ450を超える超大作!

 

中川貴雄 著 B5判/433ページ カラー 

定価:本体14,000円+税

数量:

本書は、2001年と2003年に科学新聞社から出版された『四肢のモーション・パルペーション』上・下巻の検査結果をもとに、治療法として活用するために書かれています。上肢および下肢関節に対して“HVLA矯正法”、“マイクロ牽引法”、“マイクロモビリゼーション”の3種類の治療法を主に解説しています。
HVLA矯正法は、古くから多くの徒手療法家が用いてきた、瞬間的にスピードのある短いスラストを関節に加えることによって、関節可動性制限(フィクセーション)を治療する方法です。
本書で述べているモビリゼーションは、一般のモビリゼーションとは違い、ごく小さな幅で関節を動かすことによって、関節可動性を回復させる治療法です。そのため、一般に行われているモビリゼーションと区別するため、“マイクロモビリゼーション”として解説しています。
マイクロ牽引法は、一般に行われている10kg、20kgという重量を使った牽引ではなく、1kgという牽引されているのも感じないような小さな力を使った徒手牽引法です。この方法は、日本だけでなく、おそらく世界でも発表されたことのない治療法です。1kgの力を使うだけで「こんな大きな効果がでるのか!」と不思議に思うような効果が現れます。

ぜひ、本書を『四肢のモーション・パルペーション』と併せてご活用ください。